オンラインショップは
こちら→
〒930-0171 富山県富山市野々上150番地
TEL: 076−434−0036
FAX: 076−434−4968
トピックス

芝生を造る(芝生の特性と利用パターン)

暖地型芝草と寒地型芝草

 芝草には多くの種類があり、大きく「暖地型芝草(夏芝)」と「寒地型芝草(冬芝)」に分けられ、 そこからさらに草種、品種が分けられます。芝生を造る際には、地域の気象条件や利用目的に適する品種を選ぶことが重要です。 また、いくつかの品種を混ぜて使用すると、それぞれの品種の欠点を補いあう効果や、 病虫害や異常気象に対するリスクを分散する効果が期待できます。

暖地型芝草(夏芝)

  • 生育適温)25〜30℃
  • 代表的な草種)ノシバ、コウライシバ、バミューダグラス、センチピードグラス
  • 暑さ、乾燥に強いが、耐寒性は低い
  • ノシバやコウライシバは15℃前後で生育が緩慢になり、10℃以下になると休眠する(地上部は枯れた状態)。 翌春温度が高くなってくると再び萌芽し、緑になるが、寒冷地では越冬できずに冬枯れしてしまうこともあるため、 注意が必要。
  • ノシバやコウライシバはほふく茎で増えるため、張芝で造成されることが多い
  • 除草剤などの表記で「日本芝」とある場合は、主にノシバやコウライシバのことをさす

寒地型芝草(冬芝)

  • 生育適温)15〜20℃
  • 代表的な草種)ベントグラス、ケンタッキーブルーグラス、ペレニアルライグラス、トールフェスク
  • 1年中緑の芝生が維持できる
  • 耐寒性に優れ、0℃以下でも枯れない
  • 30℃を越す日が続くと夏枯れを起こす危険性がある
  • ほとんどが種子で流通、2〜3種を混合して利用

芝草の利用パターン

暖地型芝草通年利用型

 暑さ、乾燥に強いですが、耐寒性は低く、寒冷地では越冬できず、冬枯れします。

寒地型芝草通年利用型

 一年中緑の芝生が維持できますが、30℃を越す日が連日続くと夏枯れを起こす危険性があります。

ウィンターオーバーシーディング(WOS)利用型

 暖地型と寒地型の両方を使い分けて、一年中緑の芝生を維持する方法です。 暖地型芝草をベースに秋期に寒地型芝草の種子を播種(ウィンターオーバーシーディング)し、冬期間も緑度を保ちます。
 寒地型芝草から暖地型芝草への切り替え(トランジッション)がスムーズに行われないと、 ベースの芝が傷み、大面積の被害となる場合があります。ベースの暖地型芝草には芝の傷みからの回復が早い品種を、 ウィンターオーバーシーディングに使用する品種には、一年生の品種や、耐暑性が低く、 春期の衰退が早い品種を選定することが重要です。

芝生利用パターン

参考文献

  • 雪印の芝生・緑化カタログ」雪印種苗株式会社