トピックス

【マツ枯れ予防】グリンガードシリーズ

【トピックス】 マツ枯れを予防する(マツ枯れのメカニズム)【マツ枯れ予防】グリンガードシリーズグリンガード施工手順
【製品ページ】 マツ枯れ資材一覧 / グリンガード・NEO / グリンガード・エイト
【施工ガイド】 自然圧施工ガイドPDF /  加圧施工ガイドPDF

マツ枯れ予防に 樹幹注入剤グリンガードシリーズ

 グリンガードシリーズは、マツに樹幹注入することで、マツ枯れの原因である“マツノザイセンチュウ”が樹体内で増殖するのを防ぎ、大切なマツを守ります

 グリンガードシリーズは、樹幹注入剤のため、ドリフト(散布された農薬が目的外の作物に付着してしまう現象 )の心配がありません。また、家畜の虫下し剤として使用されている成分を有効成分としており、高い安全性を有しているため、安心・安全な施工が行えます。

※マツ枯れのメカニズムについて詳しく知りたい方は≫ マツ枯れを予防する(マツ枯れのメカニズム)

ラインナップ

グリンガード・NEO(ネオ) 90ml/アンプル  製品ページへ≫

グリンガード・エイト 220ml/アンプル  製品ページへ≫ ※1アンプルあたりに入っている有効成分量は、グリンガード・NEO、グリンガード・エイトともに同じです。

グリンガードシリーズの施工方法

 樹幹注入剤グリンガードシリーズの施工方法には、自然圧施工加圧注入という2つの方法があります。

 加圧注入では、専用のボトルを使用し、ボトル内にガスを充満させることで加圧し、薬液が樹体内に入るのを促します。 専用ボトルの小サイズ(白色)はグリンガード・NEO3本分(270ml)、大サイズ(茶色)はグリンガード・エイト3本分(660ml)の薬液が入ります。 ※備品の規格や色については、2022年2月現在のものです。

 加圧注入の利点と欠点については、以下のことが挙げられます。
利点
  • 吸入時間が短縮できる(作業効率の向上)
  • あける穴の数が減るため、樹への負担が減る(1つの穴で3本分吸入するため)
欠点
  • 加圧ボトルや加圧ボンべなどの備品が必要

施工手順のパンフレット

 施工手順のパンフレットです。PDFを印刷してお使いください。

※PDFをご利用にならない方は≫ グリンガード施工手順

自然圧施工ガイドPDF

加圧施工ガイドPDF

※以下については、「トピックス マツ枯れを予防する」ページ内と同じ内容です。

樹幹注入剤を利用する際の留意点

 マツ枯れの予防方法のうち、マツノザイセンチュウ対策としては、樹幹注入剤の利用があげられます。

 樹幹注入剤には、ドリフト(散布された農薬が目的外の作物に付着してしまう現象 )の心配がないなど、 薬剤散布にはない利点がありますが、使用方法を間違えると薬害が出るなどの弊害が起こるため、注意が必要です(下表参照)。 大切な樹木を守るために、樹幹注入剤を使用する際は使用方法をよく確認した上で施工を行いましょう。

利点
  • 薬剤が飛散しないため環境に優しい
  • 単木処理のため、確実な防除が期待できる
  • 長期間効果が持続する
欠点
  • 樹幹に薬剤を注入するために数ヶ所の穴を開ける
  • 樹種や樹形によって樹幹注入剤が適さないマツがある
  • 適切に施工されないと十分な効果が得られないのに加え、必要以上に樹木を傷つけてしまう
留意する項目とポイント
項目 ポイント
施工対象木
  • 樹幹注入に比較的適している樹種
    • アカマツ(Pinus densiflora)
    • クロマツ(Pinus thunbergii)
    • リュウキュウマツ(Pinus luchuensis)
  • 施工前に、樹脂の出方による健康診断方法を実施して、対象木が健全であることを確認する
  • →樹勢が弱まり、養水分吸収機能が低下している(=樹脂滲出量が少ない)個体では、 樹木上部への樹幹流の速度が低下しているため、注入した薬剤の吸収・移行・分散が困難なことが考えられ、 樹幹注入には適しません。
  • 剪定後間もない個体や過度に剪定されたマツは樹幹注入には適しません
施工時期
  • 冬期(11月〜3月)※地域によって異なります
  • 目安として、以下の時期にすると良いと考えられています
    • 大径木(胸高直径50cm以上) カミキリ羽化脱出日の6ヵ月まえ
    • 中径木・樹勢の低下した個体  カミキリ羽化脱出日の2〜3ヵ月まえ
    • 樹勢の良いマツ        カミキリ羽化脱出日の1ヵ月まえ
    →媒介者であるマツノマダラカミキリが羽化脱出する(=マツノザイセンチュウが拡散される)時期より前に、 薬剤を樹体内にまんべんなく移行分布させ、センチュウの致死濃度にしておく必要があります。
施工の
時間帯
  • 樹幹注入剤の成分は、樹体内の水の移動にともなって枝先まで移行するため、 施工は水の上昇が最も速くなる晴れた午前中に行うのが最適
打ち方
  • 施工位置については、以下について確認する
    • 樹幹の表面が滑らかで死節がないこと
    • 枝の直下でないこと、また、頂上部まで途中に枝がないこと
    • 粗皮の薄い(樹木が生長している)部位であること
    • 木内が空洞になっていないこと(木づち等で叩いて確認)
  • 2箇所以上穿孔する場合は、千鳥打ちとする
樹幹注入剤打ち方
薬剤濃度
  • 薬剤により有効成分の濃度が違うため、必要に応じて使い分ける
  • 施工後は、樹体内の濃度検査を行い、薬剤濃度が適正であるか確認することをお勧めします
  • →薬剤が順調に枝先まで行き渡っても、濃度が低ければセンチュウに対する十分な効果が得られません。 また、濃度が高すぎると薬害により枯れが生じてしまう場合があります。
薬剤の
持続期間
  • 薬剤に表示されている効果持続期間内であっても、個体によっては枝先の薬剤濃度が十分でない場合があるため、 表示された効果持続期間を目安とし、枝先の薬剤濃度を確認しつつ再施工を行う
国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所では、マツ材線虫病のメカニズムと対処法について詳しくまとめられた冊子が公開されています。ぜひご一読ください。
「マツ材線虫病にどう対処するか ―防除対策の考え方と実践―」 掲載ページ>>森林総合研究所

参考文献