SGnews一覧

※各月のテーマクリックでPDFを表示
※記載されている資材の仕様等は当時のものですので、現在の仕様等についてはお問い合わせください。
2020
R2
 1月 マツ枯れ最新ニュース2020
 2月 ターフストリッパー
 3月 マグネシウム・マンガン・ホウ素
 4月 チガヤ・ススキ
 5月 ミノムシ
 6月 活性酸素
 7月 
 8月 腐植酸
 9月 バチルス菌
10月 
11月 
12月 
2019
H31(R1)
 1月 マツ枯れ最新ニュース
 2月  土壌の酸性・アルカリ性@酸性化
 3月 土壌の酸性・アルカリ性Aアルカリ化
 4月 春の芝生管理(寒地型・暖地型芝草)
 5月 土壌内での窒素の変化
 6月 農薬の歴史
 7月 キチン質
 8月 ミミズのフン塚と忌避資材
 9月 外来種
10月 ウイルス
11月 剪定の際の注意点
12月 カイガラムシ
2018
H30
 1月 マツ枯れ被害の歴史
 2月 アルギン酸
 3月 肥料の分類
 4月 スギナ
 5月 ヘクソカズラ・ヤブガラシ
 6月 アメリカシロヒトリ
 7月 芝生の病害@いろいろな病害
 8月 芝生の病害A病害への対策
 9月 コニシキソウ
10月 オヒシバ・メヒシバ
11月 ペニシリウム・ビライー
12月 界面活性剤
2016
H28
 1月 マツ科樹種
 2月 魚毒性の表示の見方
 3月 植物成長調整剤
 4月 萌芽期の芝のお手入れ
 5月 総合的病害虫防除(IPM)
 6月 イラガ
 7月 リン酸と亜リン酸
2015
H27
 1月 マツ枯れ被害の見分け方
 2月 微生物による分解
 3月 樹木の腐朽病害
 4月 さくらの病虫害
 5月 シロツメクサ
 6月 植物の栄養バランス
 7月 植物の他感作用
 8月 アミノ酸
 9月 オランダミミナグサ
10月 タチイヌノフグリ
11月 休眠前の芝のお手入れ
12月 除草剤のローテーション
2013
H25
 1月 樹幹注入剤(マツ枯れ)
 2月 芝生の害虫
 3月 土壌透水性の改善
 4月 地下茎・匍匐茎
 5月 海藻のちから
 6月 
カヤツリグサ科
 7月 
土壌病原菌と植物の抵抗性機構
 8月 糖のはたらき
 9月 エノコログサ
10月 スズメノカタビラ
11月 農薬の剤型
2012
H24
 1月 マツ材線虫病
 2月 土の構造
 3月 肥料〜植物の養分〜
 4月 除草剤 [土壌処理剤と茎葉処理剤]
 5月 殺虫剤@ [殺虫剤の種類]
 6月 殺虫剤A [殺虫メカニズム]
 7月 菌の生態
 8月 微量要素(ケイ素・鉄)
 9月 土壌微生物 [微生物の分類]
10月 雑草の生活史
11月 展着剤の働き
12月 土壌の三相構造
2011
H23
 1月 ナラ枯れ
 2月 カイガラムシ
 3月 春はげ症
 4月 コガネムシ
 5月 イシクラゲ
 6月 害虫(ハムシ類) [サンゴジュハムシ・ニレハムシ]
 7月 アブラムシ
 8月 イネ科雑草 [メヒシバ]
 9月 クズ
10月 秋期〜冬期の除草対策
11月 土壌微生物 [物質循環、可給態リン酸]
12月 ロゼット
2010
H22
 1月 枝枯細菌病
 2月 てんぐ巣病
 3月 スズメノカタビラ
 4月 スギナ
 5月 アメリカシロヒトリ
 6月 カーブラリア葉枯病
 7月 シバツトガ
 8月 コスカシバ
 9月 広葉雑草ピックアップ@ [ヒメクグ・ヒメムカシヨモギ]
10月 広葉雑草ピックアップA [オオバコ・シロツメクサ]
11月 広葉雑草ピックアップB [ヤハズソウ・イヌタデ]
12月 ラージパッチ
2009
H21
 1月 
 2月 マツ枯れ@  マツ枯れのメカニズム
 3月 除草剤@   除草剤の選択性
 4月 肥料@    根圏〜植物の根のまわり〜
 5月 除草剤A   除草剤の作用メカニズム
 6月 殺虫殺菌剤@ 植物の病気と害虫
 7月 液肥@    土壌微生物
 8月 殺虫殺菌剤A 殺虫剤と殺菌剤
 9月 肥料A    施肥の影響と微生物
10月 除草剤B   散布液の挙動と方法
11月 液肥A    微生物資材
12月 展着剤